オムツかぶれをしないためにも

生まれたばかりの赤ちゃんはおしっこやうんちが頻回で、とてもオムツかぶれしやすいです。オムツかぶれをしないためにも、赤ちゃんのおしりを清潔に保つことは大切です。おしっこやうんちをしたらすぐに赤ちゃんのオムツを変えてあげ、汚れの拭き残しがないように綺麗に拭いてあげることが大事です。あんまり汚れがひどい場合はおしりだけ洗ってあげてからよく乾かしてあげるといいです。

この方法はオムツかぶれが起こってしまったあとも効果的だと思います。強い力で拭くのは肌を傷つけてしまい、オムツかぶれを引き起こしてしまうので優しく拭くのも大切です。吹いたままの状態でオムツをすぐ履かせるのもオムツかぶれの原因になってしまうので、充分乾かしてあげてから履かせたほうがいいです。

夏場だけでなく冬場は着込むことが多いので、汗をかきやすく蒸れてしまい、それが原因でオムツかぶれを起こすことがあります。赤ちゃんは汗もかきやすいので、あまり厚い格好をさせないのもいいと思います。ベビーパウダーをつけてサラサラな状態を保つのもいいです。オムツのサイズや種類でオムツかぶれが悪化することもあるので、赤ちゃんあったものを使用することも大事だと思います。

柔らかお肌の赤ちゃんがオムツかぶれしないようするには、当たり前の事をするのが1番です。赤ちゃんがオムツに用を足したら、すぐに交換して綺麗にしベビーパウダーで仕上げるだけです。アトピーなどの赤ちゃん以外はこれだけでオムツかぶれ防止できます。最近の紙オムツは通気性の良い物が多いため、少しくらい濡れても平気と思う人も多いでしょう。それでも敏感肌の赤ちゃんにはオムツかぶれの恐れがあります。小まめに交換することをお勧めします。この当たり前の方法でもオムツかぶれしてしまうのであれば、一度「マヌカハニー」を塗布してみてください。一応パッチテストをして、問題なければオムツかぶれの部分に優しく塗布します。活性強度30+以上の最高峰のマヌカハニーであって、100%のプロポリスを混ぜるとなお効き目がアップします。マヌカハニーはもちろん食べることができるハチミツであり、プロポリスも口にするものですし殺菌効果を高める物でもあります。喉の痛みやちょっとしたケガの回復にも役立ち、身体に良い成分ばかりなので安心して使用できます。